It’s All Right With Me [Jazz名曲日本語歌詞 #20]

ジャズ名曲日本語化プロジェクト、20曲目は、コール・ポーターの名曲「It’s All Right With Me」の和訳詩を書きました。

この曲は、WikiPediaによると、1953年のミュージカル「CAN CAN」のために作られた曲のようです。

この曲、メチャメチャスリリングで演奏は楽しいんですが、ボーカリストで歌っている人はあまりいませんね。そのせいか解説しているページも少なくて、そのせいで僕もあまり曲のこと説明できませんw

しかも、このミュージカルを実際に見たわけじゃないので、どういう背景でこの曲が歌われているのか、その辺はよく分からないのですが、とりあえず、検察官が、取り締まっている女性に恋に堕ちてこの歌を歌ったとかいう説明がどっかに書いてありましたw

てことで、動画をどうぞ!

プレーヤーは

Vocal:MEIKO
Sax: さとぺ
Piano, Bass,: みちすけP
Drums:まっちゃん

となります。

アレンジですが、Bメロのところの「ンタッター」の決めは、この曲では定番のアレンジなので、教科書的な意味も込めてw採用しました。ま、後は特に変わったところはないかと思いますw

で、この曲の歌詞ですが、さっきも書いたように、ミュージカルを見ていないので、英語詩から想像できる内容から書き起こしております。なお、英語詩では男性目線になっていて全て「her」となっていますが、これを「his」と思って訳すのも面白いかなと思い、日本語版では女性目線で訳してみました。男性が歌う場合は「あの子」とかにして歌っていただければと思いますw

関係ないですが、この「彼とは違う系」の曲というと、日本には素晴らしい名曲、山口百恵さんの「イミテーション・ゴールド」という曲がありますねww

https://www.youtube.com/watch?v=kPM0-LShU9E

「癖が違う」「汗が違う」・・・ってとこの歌詞は最高ですねw

さて、It’s All Right With Meの訳詞を書く上で注意したことは以下の点です。

この曲の英語詩は結構韻を踏んでいて、それがこの曲をとてもリズミカルなものにしています。従って、いわゆるヒップホップで言う「フロウ」的なテクニックはこの曲においては特に大事かと思いました。

なので、日本語訳でも極力韻を踏むようにしています。

例えば、出だしは「イケナイ時間」「イケナイ空間」「イケナイ恋に堕ちる瞬間」としています。

また、「彼とは違うマスク」「彼とは違うステップ」「彼とは違うリップ」という部分も離れたところで韻を踏むようにしています。ちなみに後テーマは「ステップ→スタイル」「リップ→キス」と歌詞を変えていますが、韻はキープしています。

後は「問題ない」「All Right」も韻を踏んでますね。まあ、頭使いすぎて作る側としては発狂寸前ですたww

でも、後々思えば、あのとき何も考えずに「イケナイ時」「イケナイ場所」「イケナイ恋に堕ちる二人」とか訳してたら、恐らくただの昭和歌謡になってしまったでしょうwww

ジャズに限らずですが、向こうの音楽はリズムでできていると言っても過言ではないので、訳詞を作るときは違う脳みそ使いますね。訳詞をやりたい人は、ほんと、ヒップホップ聞くといいですよw

Hy It’s All Rigtht With Me

作曲:Cole Porter
作詞:みちすけP

イケナイ時間 イケナイ空間
イケナイ恋に落ちる瞬間

彼とは違うマスク
でも問題ないAll Right

イケナイ恋 イケナイJOY
イケナイ腰つきをしたBOY

彼とは違うステップ
でも問題ないAll Right

あなたとの出会いそれだけで
私の人生は変わった

忘れたい人がいるけれど
あなたもそれは同じでしょう

イケナイ手 イケナイ目
イケナイ鼓動はあなたのせい

彼とは違うリップ
でも問題ないAll Right

今夜はあなたでも
It’s All Right With Me

イケナイ時間 イケナイ空間
イケナイ恋に落ちる瞬間

彼とは違うマスク
でも問題ないAll Right

イケナイ恋 イケナイJOY
イケナイ腰つきをしたBOY

彼とは違うスタイル
でも問題ないAll Right

あなたとの出会いそのことが
私の運命を変えた

忘れたい人がいるけれど
あなたもそれは同じでしょう

イケナイ手 イケナイ目
イケナイ鼓動はあなたのせい

彼とは違うKiss
でも問題ないAll Right

今夜はあなたでも
It’s All Right With Me

毎度のことながら、ジャズボーカルの皆様はこの曲をこの歌詞で無断でバンバン歌っちゃってください!

動画とかもどんどんアップしてくださいませ
(ただし著作権は放棄していないので、説明文などでよいので、作詞作曲者の記載などよろしくお願いします)

歌詞カードPDFも用意しといたのでどーぞどーぞ印刷して使ってくださいw

https://drive.google.com/open?id=1iPmd9nUMMb3lnrs1nqLJF8EK8KaoBYtU

というわけで、引き続きジャズ名曲日本語化プロジェクトをよろしくお願いします

https://michisukep.com/category/jjazz/
ジャズ名曲日本語化プロジェクト | みちすけPのボーカロイド研究所 (michisukep.com)

おすすめの記事